2017年09月12日

平戸で鯛!

hansiki24です。

先週の金曜日から出張に行っとりました。どこへ?(。´・ω・)? 平戸です!( ̄▽ ̄)!

察しの良い方はもうお分かりかと思いますが、アチキが平戸に行く理由は一つしかありません。そう・・・魚釣りです!!!(≧▽≦)

もちろん出張なので、ちゃんと仕事もこなしますよ〜。(@^^)/~~~

実は今回の商工会議所の議員大会が平戸で開催されるということで、アチキんとこのボスが【平戸は遠いからヤダ】みたいな世迷言をおっしゃったんです。

本来ならばこの時点で欠席にて終了。と相成るわけですが、今回は出席者があまりにも少ないので、代理でもいいから出してくれ。との主催者側からの要望に伴い、アチキ出動と相成ったわけです。( ̄^ ̄)

やはり困った人を見捨てるわけにはいきません!何てったって少林寺拳士ですから〜(こんな時ばっかり)自他共楽の精神のもと、悩める方々の救済に向かいます!( ̄^ ̄)\

今回の議員大会は釣大会付!もちろん並行してゴルフ大会もあったんですが、そんなモン、アチキの天秤にかける必要すら無いのは皆さんご存知のところかと思います。(ヾノ・∀・`) ゴルフ? ナイナイ

さて、最高の天気の中ルンルン気分で議員大会の会場へ向かいます・・・が、遠い!(≧◇≦)

小さいころに1〜2回行ったかな〜?みたいな感じなので、自分で運転していくのは初めて。流石にボスが【遠いからヤダ】というのもうなずけます。( ̄д ̄)

ですが・・・ま〜海の綺麗な事!途中で平戸大橋なんざぁ〜見物しながら、まぁ〜いい気分!!




しかし今日は仕事が先です。若干、小旅行気分ながらも現場に到着。高級車がズラリ。お金持ちそうな背広のおっちゃんがいっぱい!場違いもイイところ。(◎_◎;)

そして当たり前ですが議員大会は始まります・・・。

しかし・・・アチキは釣りにつられてやって来ましたが、周りの人は知らない人ばかり。

でもいいんです!(^○^) 座って話聴いとくだけなんで。(≧▽≦)ジハ!

さて、無事に議員大会も終わり、ホテルにて懇親会に移ります。(*´ω`)

もちろん、テーブルには平戸の幸がいっぱい!長旅での疲れをいやしてくれるビール君ももうすぐやって来る。(≧▽≦)

そんな心持で乾杯を待ちます・・・。が、

やはりそこは議員大会。挨拶だのなんだので時間はドンドン延びて行きます。最初の挨拶・・・次の挨拶・・・衆議院の挨拶・・・参議院の挨拶・・・ここまでおよそ25分。

ようやく乾杯かと思いきや、ここで何か踊りみたいなのが始まります・・・。(?_?)

いや、普通そーゆー出し物は乾杯のあとやろ?何で今なん?と思いつつも、200人ほどの中で一人だけブチ切れてもしょうがないので、黙ってその踊りを見つめます・・・。

舞台では、何やらタスキみたいなのを持って男性が踊っています・・・。そのタスキを目にあててみたり、持ってスキップしてみたり・・・。( ̄д ̄)

何に使うんでしょうか?(どーでもいいのですが)しばらくすると、そのタスキなる物体を結び始めました。

もしかして・・・ホントにタスキ・・?(・。・; 結ぶのにもエライな時間がかかっています。

そしてついに、そのタスキを掛けました・・・何分もかかって・・・。

イヤ・・・別に悪口言うつもりはないんですけど・・・でも・・・タスキは掛けてから出て来んかい!!!(▼盆▼#)

その後は真剣を持って分からん踊りを何分にもわたって行います・・・・。( ̄д ̄)

真剣を持って回したり振り回したり・・・しかも納刀したまま・・・。やっとサヤから刀が出て来たと思ったらまーたさっきと同じ動き・・・。

いつ〜?いつ終わる〜?多分皆さん同じ心境でしょう。太鼓と笛はズーと同じテンポでポンポンポン♪〜ピーヒャララ〜♪となり続けます・・。( ̄― ̄)

しばらくすると、今度は真剣の真ん中あたりに布をかぶせて、口にくわえました。そしてお付きの爺さんから、小太刀を二本手渡されます。

・・・正にゾロ。ワンピースのパクリ?それともワンピースがパクリ?もはや見えない地中で暮らす土竜の生活ぐらいどーでもいいーのですが、さらに踊りは続きます・・・。

・・・こんだけ長いんですから〜・・・クライマックスはなんかスゲー事してくれるんかな〜と、もはや完全にどーでもいい期待を胸に踊りを見守りますが・・・(=_=)

さして何にも起こらない。何かこう、空中に浮いた紙でも切って見せるのかな〜と思いつつも、一向に変化なし。

いや、もうよかろ〜モン!(;一_一) と思った次の瞬間!意識を集中し始めた踊り子さん、両手の小太刀を脇に挟んで、後ろにデングリガエリ!

えっ・・・?(◎_◎;)もしかして・・それ?見せ場?・・・(・。・; 

いやっ・・確かにアブナイけど〜・・・それ・・せなイカン?・・。

その後、今度は両手の小太刀を首の前で交差してのデングリガエリ。その間、10分以上も刀はくわえっぱなし。

多分あの部分はヨダレでいっぱいになっているでしょう・・・。せっかくの真剣をそんな使い方せんでも・・・(さびるよ・・・)てゆーか、はよー終わってー!(≧◇≦)

アチキの心の声は届くはずもなく、その後もデングリガエリは何度となく行われ、終わってみればその踊りだけでおよそ20分。

実に乾杯したのは開会より45分後でありました・・・。( ̄― ̄)

会の始まりは18:00。終了は19:30。乾杯が18:45なので、実質の懇親会の時間は45分・・・。飲んで食うので精一杯。(≧◇≦)

議員大会に来られたみなさんはこの後もどこかへ流れるのでしょが、アチキは知り合いがいません。(+o+)

何てったって今回初参加なのですから。とにかく食わなきゃ夜眠れません。\(゜ロ\)ハラヘッタ~

しかも翌日は午前5時ロビーに集合。という事は逆算して1時間くらい前には起きなきゃならないので、4時には起きなきゃならない。

食えるだけ食って部屋に戻り、とりあえずお風呂に出かけます・・・。

お泊りは平戸海上ホテル。ここのお風呂は何と洗い場から海の中が見えるらしく、そこでウミガメを5匹見たらシアワセになれるというのです。(p_q)

無論、はりきって洗い場から海の中を眺めますが・・・ん・・何かコレ・・水槽っぽいぞ?

奥行きは短いし、ライトは照らしてあるし・・・はて・・・?まっいっかー。と体を洗っていると、目の前にウミガメが!!!(@ ̄□ ̄@;)!!

おおう!?これはもしやスペシャルラッキーなのでは!!??と一瞬考えたんですが、どーもコヤツ飼われてる感が満載。(・。・;

もしかして飼育亀?なる疑問を抱えつつも、いい湯を満喫して午後9時には就寝。zzzzz(-_-)zzz

そして迎えた翌朝。廊下が真っ暗な田舎のホテルを後に、およそ1時間かけてやってきたのは宮の浦漁港。ねむたい眼をこすりながら、船に乗り込みいざ出航!( ̄^ ̄)





そこから約40分ほどかけて五島沖へ到着。( ̄^ ̄)\





早速釣りに取り掛かります・・・。

今回の仕掛けはタイラバ。鯛をラバーで釣るからタイラバなのでしょうか?(。´・ω・)?


平戸タイラバ415.JPG


語源はともかく、初めての釣法なので、船長さんからやり方を聞いて、その通りにやってみます・・。

水深60mまで一気に落として、底をとったらすかさず巻き上げる。3〜40回巻いたところでもう一度落として巻き上げる。

そしてアタリが来てもアワセを入れずひたすら巻き上げる。というもの。

最初のポイントはあまりかんばしくなかったので、ポイントを移動。2番目のポイントでアタリが出始めます。(p_q)

「おお!来た!」とか「釣れたー!」などの言葉が船上にひた走ります。

アチキはというと・・・うん・・(=_=)・・・なかなか来ない。

船長も気にしてくれて「アタリが鈍い時はタイラバ変えるけんね」と言ってくださいますが、とりあえずこのまま頑張ってみます・・・。(; ・`д・´)

今回の乗船は9人。こんな時は不思議なもんで同じところで釣ってるのに、一人だけ釣れない。みたいな人が出てくるのです。

現在、アタリが渋いのはアチキとアチキの左隣の白髪おいさん。今回の一人はどうらやアチキか白髪おいさんの可能性が大。(;^ω^)

はて・・・どーしたもんか・・・。しかしながらこればっかりはどーにもなりません。白髪おいさんは早速タイラバをチェンジしてもらってますが、アチキはそのまま・・・。

こーいうのは運なので、ジタバタしたってしょうがない。というのがアチキの持論。そんな面持ちのまま時は流れます・・・ゆら〜ゆら〜・・・(*´ω`)

さて、どのくらい時間が経ったでしょうか?船長に言われた通り、落としちゃ〜巻き、落としちゃ〜巻きを繰り返します・・・。

そーいえば、家を出かける前にchibiが、「タイラバは底に着いた瞬間に巻かんばアタリが来んらしかばい。だけんリールはベイトさ!」と言ってたのを思い出します。

そこでchibiの言いつけ通り、着いた瞬間巻き上げると・・・!!!!おお!(@ ̄□ ̄@;)!!

魚がアタッてます!!アワセを入れるなと言われてますので、そのまま巻き続けます!!

すると、ドラグがギュウン!!ギュウン!!となり響き、どうやら魚がかかった様です!!

それに気づいた船長が「来たね〜あわてんでゆっくり巻きんしゃい。楽しみながら。」とタモを片手にやって来ます。ヾ(@⌒―⌒@)ノ

水深60mでのヒットですので、中々上がって来ません。時折抵抗を見せるも、何とか水面まで魚を導きます・・・・。(;^ω^)

上がって来たのはアオハタ。地元ではアオナ?というらしく、美味しいけど鯛ほど重宝されていない様です。

すかさず船長がタモを入れてくれてゲット!イイ感じです。45cm位でしょうか?なかなかのモンです。(;^ω^)

いや〜満足!もういいかな〜と一瞬考えますが、本日の本命は鯛。鯛を釣らねば何しに来たのかわかりません。( ̄^ ̄)

ふんどしを締め直していざ!・・・しかし、そう簡単には行きません。(=_=)

左隣の白髪おいさんはというと・・・船長の息子さん(船長ジュニア)から「巻かんと釣れんよ!巻いて巻いて!!!(▽盆▽)」と焚きつけられています。

しかしながらこの白髪おいさん。一向に船長ジュニアの言う事をきかない。

自分なりの釣法があるのか、それとも巻くのが面倒なのか、分からんプライドの持ち主なのか、はたまた人間の言葉を理解できないのか。(?_?)

わかりませんが、タイラバを底周辺でゆ〜らゆ〜らと縦に揺らしてるだけ。

それじゃ〜釣れんよな〜?と思いつつ横で見守りますが、やっぱり釣れない。

しかも巻かないモンだからすぐに横の人や後ろの人と糸が絡む。そのたんびに船長ジュニアから「ゆるめて、ゆるめて!(▽盆▽#)」と怒られる。

そらーそーです。いくら船上から真下に糸を垂らしてるつもりでも、海底は潮が流れてるんですから、タイラバを巻かずにそのままにしておけば当然底の方で絡むわけです。

そんな状況が理解できたので、潮の流れを見ながらアチキはなるべく白髪おいさんの仕掛けに絡まない方へタイラバを落とします。(`・ω・´)

さて、先ほどのアオナを釣り上げてから何投目だったでしょうか?底取りから15回くらい巻いたところでアタリが来ます!

グググ・・・グイン!グイン!グイン!!来ましたー!>゜)))彡

さっきのアオナとは当たるタナが違いました!これはもしや・・期待大かな!!??

アチキの竿のしなりを見た船長が「こら〜鯛バイ!」と再びタモを装備!!慎重にゆっくり、慎重にゆっくり・・・・来たー!!!!!!!!!!!!!!!!!!

鯛です!!!!\(^o^)/ 50cmぐらいでしょうか?イイ〜感じです!!

そんな幸せ絶頂のアチキのお隣で、白髪おいさん今度は根がかり。グイグイ竿を引っ張って仕掛けを根から離そうとしますが、中々うまくいきません。

見かねた船長ジュニアが援けに行きますが、その瞬間フッと根から仕掛けが離れます。

それを見ていた船長ジュニアが「根がかりしたら一回仕掛けを上げてください。」と白髪おいさんにアドバイスしますが、白髪おいさんてば「あっ、いや大丈夫です。」なる返しを入れます。

すると船長ジュニアが「1回上げんと分からんってー! ▽盆▽#」と軽くブチ切れてます。

・・・・なんででしょうね〜?この白髪おいさん?別に見た目がトッポイわけでも、やたらとこだわりがあるように見えるわけでもありません。

聞けば釣りもあんまり最近は行ってないとの事。じゃぁスペシャリストの言うとおりにすればいいのに、それをやらない。

【郷に入っては郷に従え】って言うジャン?( ̄д ̄) 

何なのか意味が分かりません?それとも人の話聞いてないのでしょうか?もしかして人の形をした進化に遅れたサル?(?_?)

船長サイドは、せっかく金払って来てるんだから、できるだけ釣らせてあげたいと思ってのアドバイスなのに、その気持ちを全然汲んでない様子。

もはや自分ワールド満載な白髪おいさん。しかしながら何か一つは釣って貰わんと、一緒に乗ってるアチキ等もなんとなくいい気分で帰れない。(=_=)

そんなことを感じながら白髪おいさんを時〜どき横目でチラチラ見ながら釣っていると、ついに白髪おいさんにヒット!!!!\(^o^)/

白髪おいさんも興奮して「釣れましたー!!!!」とばかりに船長ジュニアを呼びます。

しかし・・・今かかったのにもう呼ぶ?バレたらどーすんねん?とのアチキの不安をよそに、竿は縦にビュンビュンしなります。

あまり大きそうではないけれど、とりあえず釣れた〜。あ〜よかった〜。。。(#^^#)

と思ったのも束の間、上がって来たのは何とエソ!(@_@;) 一応引き上げた船長ジュニアが「持って帰りますー?」と聞いてますが「いやぁ〜・・・」と白髪おいさん。

マジか・・・。ここへ来てその結末はあまりにも悲惨すぎるぞ・・・。こんだけ鯛やアオナや沖アラカブが釣れている中でエソって・・・・(;一_一)

本日の釣れない人はどうやら白髪おいさんの様です。

その後も落としちゃ〜巻き上げ、落としちゃ〜巻き上げを繰り返すアチキの竿にヒット!!これまでにないくらいドラグが鳴ります!!!\(゜ロ\)!

おおう!!??なんだこりゃ??!!船長も「この鯛はデカかばい!」とタモを片手にアチキの隣へ!!(@_@;)

バラさぬよう、時間をかけて巻き取り、上がって来たのは何とアラ(クエ)!!!\(◎o◎)/!船長も「アラばい!」と若干興奮気味。

船長ジュニアも「そら〜鯛よりアラがよかバイ!」と嬉しそう。アチキ的にも超満足!もうこのまま帰ってもいいな〜(@^^)/~~~ってな感じ。

しかしそーゆーわけにはいきません。皆さんと一緒なんで・・・。団体行動は大切です。(ガラにもなく)( ̄^ ̄)

それからアチキはまたまたアオナをヒット!最初に釣ったのよりちょいデカサイズ。もういいぞ。これ以上は持って帰っても食いきれない。(^▽^;)

そんなことを考えていると、白髪おいさんに再びヒット!おおう!今度は期待できそうだ!(#^.^#)

結構なやりとりの末、上がって来たのはスーパービッグ鯛!船長も「今日一の鯛ばい!」と嬉しそう。

いやー良かったー。これで坊主なし!その後、午後1時で釣りは終了。帰って来るとおかみさんがお昼ご飯を準備してくれていました。

アラカブの味噌汁。疲れた体に沁みわたります。(≧▽≦)

平戸アラカブみそ汁 415 (1).JPG


おにぎり。日本人で良かったな〜と感じる瞬間です。(^^)


平戸おにぎり 415.JPG


そしておかみさん自慢の鯛めし。食らいついて半分ですが・・・(^^;)


平戸鯛めし415.JPG


お昼ご飯を終え、平戸大橋を渡って帰り着いたのは午後6時でした。





帰って来たアチキの釣果を見たchibiは大興奮!!「マジで!これ全部とーちゃんが釣ったとー!!!!こげんデカいアオハタは初めて見たー!!!(@ ̄□ ̄@;)!!」と・・・。


平戸魚415.JPG


そのうち連れてけとか言われるんでしょうね〜・・・遠いのに・・(=_=)

いや〜しかし・・人生二回目の船釣りでしたが、いい釣果で大満足な釣り紀行でした。(#^^#)


平戸丸銀釣りセンター






hansiki・○・home








posted by hansiki at 17:39| Comment(0) | きばらし釣り紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




ショッピング・クーポンのポータル「コムピータウン」無料会員登録で100アベルポイントGET!